コンタクトレンズのケアイメージ

コンタクトレンズの使用には正しいケアが必要です

コンタクトレンズ装着イメージ コンタクトレンズを使っていますか?

日本人のコンタクトレンズユーザーは1500万人を超えており、簡単に言えば10人に1人の割合でコンタクトレンズを装着しているということになります。 これは、使い捨てコンタクトの登場により一気に増加したそうです。
さらに若い世代の男女を中心にファッションとしてのコンタクトレンズ仕様も増加しています。 例えばカラーコンタクトがその一つです。装着するだけで瞳の色を変えることができ、手軽に普段の自分とはイメージチェンジすることが可能です。
また、黒目の部分を大きく見せることができるタイプのコンタクトレンズもあります。こちらも、ちょっとした違いですが、黒目がちの瞳になることで 人に与える印象を変えることができます。これらのレンズはどちらも使い捨てタイプのコンタクトレンズです。
このように使用用途が広がり、コンタクトレンズのユーザーが大幅に増えたのと比例して、コンタクトレンズによる目のトラブルも増加傾向にあります。
コンタクトレンズは瞳に直に触れるものです。常に清潔な状態にしておかないと目の病気の発症原因にもなります。 1dayタイプの使い捨てコンタクトレンズ以外はレンズの洗浄・保存といったケアを決して怠ってはいけません。
このサイトではコンタクトレンズについての基礎知識や正しいケア方法など、コンタクトレンズに関する情報を紹介していきます。
毎日のお手入れは正直なところ大変面倒ですが、目の健康のためにも正しくケアしてコンタクトレンズを使用しましょう。

コンタクトレンズのトータルケアブランド「asumi」
http://www.meniconnect.co.jp/asumi/
使いやすさにこだわったコンタクトケア商品。
出張や旅行に便利な使いきりタイプのソフト用ケア(洗浄・消毒・保存液)が人気です。

CONTENTS

  • はじめてのコンタクトレンズ

    はじめてのコンタクトレンズ

    今メガネを使用している方でも、コンタクトレンズに変えてみようかな・・・と思ったことが一度はあるのではないでしょうか。 いくら小さくて薄いとはいえ、目に直接レンズを入れるなんて・・・と、はじめは躊躇しますが、メガネをかけている際に不便に感じることも コンタクトレンズなら快適に生活できます。 眼鏡のずり落ちからくる不快感、長時間眼鏡を掛けていると付いてしまう鼻当ての跡など・・・。 コンタクトレンズを選ぶ前に、まずはコンタクトレンズの基本的な情報をご紹介していきます。

    続きを読む...

  • 正しいレンズケア

    正しいレンズケア

    眼鏡からコンタクトレンズに変えたら、眼鏡装着時のストレスから解放されてとっても快適になった! とはいえ、コンタクトレンズのケアって正直、面倒・・・ですよね。忙しくしている人にとってはそんな時間さえも億劫なのでは? 夜遅くに帰宅した時も、そのまま寝たい、という気持ちになるでしょう。 でもコンタクトレンズはとってもデリケートで、コンタクトレンズの汚れは眼障害を引き起こす原因にもなります。 あなたは正しくレンズケアをできていますか?正しいレンズケアを学びましょう。

    続きを読む...

  • トラブルと予防

    トラブルと予防

    コンタクトレンズを常用している方は、「目がゴロゴロする・・・」「目やにが最近多くなった・・・」など、目に違和感を感じたことが何回かあるかと思います。 そんな違和感を感じた時、気のせいかな・・・と放置していませんか? コンタクトレンズは角膜に接することから角膜が傷つきやすく、傷ついた角膜は眼の障害・トラブルを引き起こしやすいです。 コンタクトレンズによる眼障害にはどんなものがあるのか、またどんな症状があるのかを自分自身が知っておくことでも早期発見につながります。

    続きを読む...

  • 最適なコンタクト

    最適なコンタクト

    当然のことではありますが、コンタクトレンズは一人一人の目に合ったコンタクトレンズの装用が大事です。 遠視、近視、乱視、老眼といった視力低下のタイプの違いはもちろんですが、その人の目の症状によってはコンタクトレンズを使えないケースもあります。 また、コンタクトレンズにはハードタイプとソフトタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。 ライフスタイルに合わせて選べば、より快適に過ごせます。 自分の視力、症状、スタイルにあった最適なコンタクトレンズを選びましょう。

    続きを読む...